ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS 「本多芸能」倒産でどうなるのよ

<<   作成日時 : 2009/01/15 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「本多芸能」倒産でギョーカイ“催変”?(イザ!2009.1.15)

 コンサートやイベントで会場整理や機材搬入を行う業界大手の「本多芸能スポーツサービス」が14日、東京地裁に自己破産を申請した。帝国データバンクによると負債総額約7億8000万円。老舗で知名度も高く、大学生やフリーターにとってはおなじみのアルバイト先だった業界の名門はなぜ倒産したのか。
「最近仕事が少ないから、もしやと思っていた」「年末の東京ドームのEXILEが最後だった」「俺は中野のハロプロだった」。ネット掲示板にはアルバイトからの書き込みが相次いだ。

中野のハロプロまではやっていたのか。
月末の横アリはどうなるのだろう。
今回はエルダの卒コンということで、会場には収容人数を超える人が集まるだろう。整理も大変だろうなあと思う。

とりわけ熱狂的なファンが集まるハロプロ系やアキバ系のタレントのイベントでは頼りにされた。「徹底した体育会系で統率力が高いから。そうじゃないと過熱気味のファンと対峙できない」

なるほど。思い当たるふしある(笑)
というか邪魔なんだよな。視線さえぎるように突っ立っていたりして。

その一方、アルバイトの時給は800円と決して高くはなかった。加藤取締役は「間近でステージを見られる利点で補っていたが、最近はそれに魅力を感じる人が減っていた」と話す。

間近って、客席のほうを向いているから、音しか聞こえないはず。
ご馳走目の前におあずけくらってるみたいで、絶対やりたく無い損な役回りだと思ったよ。

金融危機からの不景気で大規模イベントが激減。コンサートも制作費が削られ、我々のところにしわ寄せがきた

本当にそれだけなのかな。
素人の考えだが、仕事が減ったら減ったで、戦力がバイトなのだから、人数減らせばいいだけ。人件費以外にそんなにコストがかかる仕事でもあるまいし、倒産するほど削られた価格で仕事を請けなければならないほど、この業界は過当競争なのか?そんなことないと思うけど。
なんか余計なことに投資でもしていたんじゃないのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「本多芸能」倒産でどうなるのよ ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる