ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS DVD『きらりん☆レボリューション スペシャルライブ』にがっかり

<<   作成日時 : 2009/02/25 21:26   >>

トラックバック 1 / コメント 0

DVD『きらりん☆レボリューション スペシャルライブ』を買った。

おかしい。
私はこのライブに参戦したが、確かに会場では生歌だった。
しかしDVDでは聞きなれたCD音源。
私の記憶違いではない証拠に、翌日のおはスタで放送されたライブの模様の「タンタンターン!」は、間違いなくCD音源ではない。
少なくともこの曲は口パクではなかったはずなのだ。
「タンタンターン!」は秋コンでも生歌だったのに、どうして今回のDVDはCD音源なのか理解に苦しむ。

確かに生歌はCD音源のように美しく聞こえない。身体の動きに合わせて歌声が揺れたり、語尾を延ばすところが中途半端だったりする。場合によっては三人の歌い出しが微妙にずれていたりすることもある。また、ヘッドセットのマイクがずれたりすると、歌が聞きとりにくくなる。実際MCではマイクがずれて声が小さくなったりしている。
だがそれこそライブなのだ。
いくらアイドルはビジュアルが命と言っても、歌声もまた命の一部。拙くても、聞き取りにくくても、それを聞きたいのだ。美しく聞こえても、CD音源では意味が無い。

アップフロントはどうしてそのことを理解してくれないのだろうか。

<追加>
おそらく花咲こべに(吉川友)と雪野のえる(北原沙弥香)が歌う「ふたりはNS」も生歌。これはもともと月島きらり(久住小春)と観月ひかる(萩原舞)が歌っていたので、CD音源がなかったからか。この曲は動きも少ないし、歌声がしっかりしていたのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
きらレボファイナルライブ
何回「ありがとう」と叫んだだろう。 モーニング娘。の他のメンバーが、ようやくアルバムでソロ曲をもらったとかいうのに対し、久住小春はシングル6枚、アルバム3枚。その他にもきら☆ぴか、MilkyWayとまさに破格の扱いを受けている。 ヲタとして私は、そういう場を与えてくれたこと、そしてきらり以下出演者たちが我々をずっと楽しませてくれたことに感謝して心からありがとうと叫びつづけた。 ...続きを見る
超然として
2009/05/05 10:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
DVD『きらりん☆レボリューション スペシャルライブ』にがっかり ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる