ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS DVD『きらレボファイナルライブ』

<<   作成日時 : 2009/07/08 06:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

DVD『きらりん☆レボリューション ファイナルステージ』を買ってきた。
ドキドキしながらオープニング、そして第一曲目の「恋☆カナ」を迎える。
前回のきらレボライブのDVDは、以前書いたように、オールCD音源でがっかりした。今回のファイナルステージは、こちらに書いたように、少なくとも何曲かは確実に生歌だったはず。再びCD音源だったら途中で見るのを止めようかと思ったぐらいだ。
そういうわけで、生歌だったと思われていた第一曲目の「恋☆カナ」が、DVDではどうなるかを緊張して聞いていた。
もっさりとした歌声、若干外れ気味。そこがなんとも可愛いじゃないか。そう。ちゃんと生歌だった。今度は裏切られなかった。それだけで感涙ものだ。これでこのDVDを何度も見る気になれる。
全てが生歌だとは言わない。そもそもライブ時からそう思ってはいない。でもちゃんと歌っていた曲はそのままDVD化してもらいたいのだ。失敗したっていいじゃないか。次回頑張ればいい(もっともきらりのステージはもうないが)、上手くいったら成長が見れて嬉しいのだ。CD音源ではその喜びが無い。
「恋愛レボリューション21」でも歌っている。「唄おうぜBABY! へたくそで YEAH! IN THE NIGHT」と。

収録時間は104分。これは通常のライブと同じ長さ。にもかかわらず、値段は3150円と安い。その代わり特典映像はないが、安いほうが子供も買ってもらいやすい。もっとも、一般公演なので、映っているのは子供ではなくヲタだがw
なお、アンケートハガキがついており、抽選で300名にありがとうカードがプレゼントされる。ちなみにこのカードは、一般公演で配られたものと同じだそうだ。

その他には、今回の「タンタンターン!」は新衣装で登場したため、オリジナルの衣装は、のえるとこべにがソロでそれぞれ着た以外登場しないのが残念。新衣装はアンコール後でよかったのではないかと思う。
ラストの曲は「サンサンGOGO」
シングル表題曲ではなく、C/Wを持ってきた。前回のライブは「タンタンターン!」
ただライブに強いのは「サンサンGOGO」の方だろう。掛け声も入るし盛り上がる。全てはここから始まった「恋☆カナ」という手もあるが、MilkyWayでないところが問題か。

<追加7/9>
「SUGAO-flavor」について。
CD以外で初めて聞いた。この曲はデビュー曲の「恋☆カナ」のC/Wなので、まさにこの三年間の成長が見れる。
CDのほうは、たぶん地声なのだろうか重たい感じだが、ライブでは明るく可愛い声のアイドル久住小春という感じに変わっている。「大人になるのが」の部分の高音も自然に出ているのも成長の証だろう。

<参考>
2/25 DVD『きらりん☆レボリューション スペシャルライブ』にがっかり
5/5 きらレボファイナルライブ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
DVD『きらレボファイナルライブ』 ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる