ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS モーニング娘。コンサートツアー2009秋〜ナインスマイル〜

<<   作成日時 : 2009/09/19 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久住小春の衝撃的な卒業発表で、かすんでしまった秋ツアーだが、初回公演に参戦してきたので、軽く感想などを。

ステージは、後方に高段。これはいつものことだが、今回は両脇に回転する階段があった。
説明しにくいが、これが回転すると、高段ステージが中央部まで出てくる。大抵高段は後方になって遠くなるので、この仕掛けは面白い。ただ回転しながら階段を上り下りするのは、見ていてちょっと怖いが。
ちなみにこちらは、今回のコンサートのリハーサルについてのつんく♂のブログ。
二枚目の写真にステージが写っている。右奥が回転するステージ。
写真は手前に階段が来ている状態。これが反対になると、手前に高段ステージが来て、客席に近くなる。普通この位置まで高段ステージが来ることはないはず。

昨日書いたように、新曲の「気まぐれプリンセス」に注目した。
一言で言うと、高橋愛のための曲。高橋ひとりが歌っているわけではないが、彼女のイメージによく合う。お尻といったら高橋だし、歌っているときの高橋は、ほんとセクシーだから。
パート割りは、高橋のほかに、新垣里沙、亀井絵里、田中れいなと、いつものメンバー。久住のパートがないのは卒業と関係あるのか。
衣装はジャケ写とは違うようだが、似ている。やはりお尻がポイントで、衣装もそれを強調したようなデザインになっている(露出が高いわけではないが、なんとなくドキッとする)。PVも大胆らしい。

今回のツアーでは、ソロ曲なし。よい選択かと。ソロ曲が入ると他のメンバー(のファン)が長時間出番無しになってしまう。
「歩いてる」は道重さゆみのソロかと思ったが、途中から全員出てきた。
なお、その際、亀井が出るタイミングを間違えて、一度袖から出てきて、又引っ込んだw

去年の秋ツアーと違って、今回は新曲はなかった。しかし「女子かしまし物語」が8期を加えた新歌詞で登場。特に前半の、ジュンジュン、光井愛佳、久住、道重は面白い。

他には、新垣の前髪がぱっつんになってなかったとか、最初のMCは一人一人の挨拶ではなかったとか。
ちなみに、今回だけかもしれないが、アンコール→曲→曲→MCで終了。普通は曲→MC→曲の順番だろう。この最後のMCで久住の卒業発表があったので、あえてこの順番になったのかもしれない。

<9/20追加>
久住卒業については、まだはっきりしないが、おはスタのレギュラーがどうなるかがポイント。こちらも一緒に卒業となるなら、12月以降はしばらく久住が我々の前に姿を現すことがなくなる。
今までの卒業生、例えば吉澤ひとみとかと違って、小川麻琴のケースに近い。
そして本当にモデルを目指すなら、ヲタの手の届かないところに行ってしまうだろう。

MORNING MUSUME。DVD Magazine Vol.26

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
モーニング娘。コンサートツアー2009秋〜ナインスマイル〜 ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる