ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS MIX対策

<<   作成日時 : 2010/07/13 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続き。

モーニング娘。の昨年の秋のツアーのDVDをみると、既にかすかにMIXの声が聞こえる。よく聞かないと分かりにくいが、最後にジャージャーという声が聞こえる。

こうなるとどうなってくるか。
ハロヲタにはMIXを嫌う人が多いので、タイガー、ファイアーという声に、oi、oiをかぶせてかき消そうとするだろう。双方、意地になってヒートアップするので、さらに大騒ぎになる。そして最後に聞こえるジャージャー。oioiジャージャー現象の発生だ。
結局スマイレージのスタッフが言うようにオープンスペースでのイベントでは迷惑になるだろう。
クローズドならともかく、ショッピングモールなどのオープンスペースの無料イベントでは何らかの対策を打たなければならない。

それにはMIXが出来ない、もしくはやりにくいセットリストを組めば良い。
持ち歌にMIXを入れやすい曲があるスマイレージは難しいが、エッグなら可能。
例えばMIXに汚染された℃-uteの「都会っ子 純情」は避けなければならない。

基本的にMIXはイントロや間奏にoi、oiを8回以上入れることが出来れば成立するので、そういう曲を避ければ良い。
ざっと見ると、モーニング娘。の昔の曲は、「LOVEマシーン」にしろ「ザ☆ピ〜ス」にしろ、入れられないものばかり。曲ごとにいろいろな工夫がしてありバリエーションに富んでいる。松浦亜弥「Yeah!めっちゃホリディ」もそう。
エッグのステージでは、一般客の足を止めるためにこうした有名な曲を入れることが多いので、いままでもちゃんと対策になっている。

それに対し最近の曲はどうか。
「しょうがない 夢追い人」「なんちゃって恋愛」「青春コレクション」
このあたりはみんな同じパターン。oi!oi!を連呼する単純な構成。
「みかん」のように冒頭にサビが来ても、Aメロ前で入れることが可能。
一方、「泣いちゃうかも」のように裏打ちという工夫があるものはMIX化するのが難しい。

そう考えると、MIXを入れられるとは、単調な芸のないアレンジだという警鐘で、アレンジャーやプロデューサーは反省しなければならないのではないか。

6/12 MIX
7/12 MIXは迷惑行為か

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
MIX対策 ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる