ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS スマイレージ3rdシングル「同じ時給で働く友達の美人ママ」

<<   作成日時 : 2010/09/29 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

初回盤Aを購入。
ジャケ写は「美女学」で放送されたガラスケースに入ったスマイレージたち。悪くない。
曲とも合っている。
ジャケ写裏の前田憂佳がなかなか可愛い。

今日は先日ある程度書いたので、その補足。
つんくのブログを参考にしながら述べる。

つんくによると、この曲の騒々しさは、(バイトしている)店の忙しさを表しているそうだ。悪くない演出。

冒頭に、コーラス(?)としてヲタ声を模した「オイ!オイ!」が入るが、これは余計だろう。こんなことしなくてもヲタは勝手に声を入れるのだから、まったく不要である。
CD買った人はinstrumentalを聞いて欲しい。掛け声がない方が良いだろう。会場でヲタがいれればそれで充分なのだ。

先日書かなかったBメロだが、「来たばかり」や「韓流」の途中で入る打撃が良い感じ。現場ではここでジャンプするのだろうなあw
そしてその後の「キャキャキャッ・・・」のリズム感が心地よい。
2番は普通の歌詞なのだが、平凡なことがわかるとおもう。

ブリッジのところは、ザ☆ピ〜スみたいなセリフだが、いるのかな?という感じ。
それよりもCメロの歌詞に工夫が欲しい。ほとんど2番のサビの繰り返し。

付属のDVDはDance shot ver. PINK。要するにピンクの衣装を着たDance shot ver. ということか。
例によって、前後に揺れるカメラ。でもモーニング娘。と違って見切れることはない。そしてカットが変わることもない。及第点だ。

9/26 スマイレージ@ハッピーMusic&MelodiX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
スマイレージ3rdシングル「同じ時給で働く友達の美人ママ」 ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる