ゼロメートル地帯

アクセスカウンタ

zoom RSS モーニング娘。51stシングル「ワクテカ Take a chance」

<<   作成日時 : 2012/10/17 08:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

超絶糞曲と言われているワクテカが、ウィークリー3位で約8万枚と前作より大幅に落としてしまった。
今回はこの曲について述べたいと思う。

この曲が糞曲だと言われる最大の原因が、安易にネットスラングを取り入れたタイトルにあるのは言うまでもない。
だが、他にも「どれが本気で〜誰を信じる?」がかなり酷い。
メロディも変だが、そもそもこの部分が全く必要ない。「ホレたよ」から「God」につなげても全く問題ない。曲を台無しにしているだけ。

ところで、私は最近PigooHDチャンネルで他のアイドルのライブなどをよく見る。
そこで流れている曲は、ほとんど同じようなユニゾンの曲ばかり。AKB的なものなのだろうか、没個性で、いい加減うんざりしてきた。
それに比べると、いくら糞曲とはいえ、さすがにモーニング娘。の曲は、個性が際立ているというか、雨後の竹の子のように氾濫しているアイドルソングとは一線を画したような曲になっている。

アイドルにとって大切なのは歌とダンス、とりわけ歌であり、ハロプロには歌で人を引きつけるような存在になってほしい。
そう考えると、11期で小田さくらが選ばれたのは、実に頼もしい。
鞘師里保が成長してきたので、田中れいなが不要という意見もあるが、まだまだいてもらわなければ困る。

プラチナ期の問題点は、歌っているメンバーがいつも固定だったこと。
歌えるメンバーを増やせば、曲ごとにセンターを変えて、その人の色の曲を作り上げることが出来る。
歌い手は多ければ多いほどよい。
そしてそれを最大限利用して、他のアイドルとは違うモーニング娘。を作り上げてほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
モーニング娘。51stシングル「ワクテカ Take a chance」 ゼロメートル地帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる